Blog

創世記とツインレイ

先日の魂さんとの相関図に引き続き、今回もちょっと大きなネタバレ。
別に、巷の既存情報を否定したい訳ではないのですが。
実際、ツメが甘いなぁ、とは思うし、そこで引っ掛かる可能性も高いんです。
そのくらい、思考と具現化は密接に関係しているので。
取り敢えず、触れることが大切、触れないと気づけないので、書きます。

ツインレイの”統合”に関して、創世記を引き合いに出す人多いです。
私も、一時期、彼との共同創造は創世記のやり直し、だと考えていました。
でも、この夏の大きな”変容”を通して、何か違うなぁと思い始めたんです。
だって、ココは「日本」ですよ?
決して、宗教差別をする気はありませんが、何故、記紀ではないのか。
他方、日本は”レムリア”のエネルギーが強く残る、とも言われているでしょ?
そういう意味では、創世記の西欧圏は”アトランティス”のはず。
まぁ、日本は宗教ちゃんぽんのお国柄ですが(笑)

ただ、私は気持ち悪かったんです。率直に言って”美しく”ない。
何故、伊邪那岐&伊邪那美と、アダム&イヴを同じ土俵に乗せるのか。
伊邪那岐&伊邪那美は神様で、アダム&イヴは人間よ?
多神教と一神教だから、必然的にそうなるのかもしれないけれど。
更に、私、昔から周期的に”一神教”への抵抗が出るんです。
今回、その原因をしっかり探ってみようと思った訳ですよ。
改めて、創世記の部分、読み直したら……解けました。
今まで、どうして誰も気づかなかったんだ、って、腑に落ちた(笑)

巷のスピ、創世記の楽園追放を”分離の始まり”と捉えてますが。
そもそも、何故、追放されるに至ったか、正確に知ってますか?
神様に食べちゃ駄目言われた”智恵の実”を食べたから?
神様の言いつけ、守らなかったから?
だから、蛇は”悪”で、アダムに勧めたイヴが”罪”を犯した?
てかさ、この文章の中身、まんま「二元論」になってるじゃないですか?
楽園追い出された理由は、エデンにはもう1つ”生命の樹”というのがあり、
その実を食べると、永遠の命を得てしまうから、よ?

神様が、人間が自分と同じ存在になることを怖れた、からよ?
そういえば、旧約聖書の”神様”って、バベルの塔も壊して共通言語奪ったよね?
ワンネスが、人間のワンネス化に”嫉妬”するの??
挙句、その原因を「蛇」に”責任転嫁”しているんですよ??
コレ、どうみても「二元論」を広める為に”改変”されてませんか??
少なくとも、現代では”地球視点”になってしまっている。
この土台で、幾ら「イヴの”罪悪感”を超えましょう」とか言っても無意味です。
だって、そもそも”罪”という価値観が「二元論」だもん。

では、恒星視点から見た「創世記」はどうなるのか。
まず、智恵の樹と呼ばれているのは”善悪の知識の樹”なんです。
善悪というのは「二元論」なので、コレは”分離の樹”です。
一方の”生命の樹”は、永遠の命を得る=時間から解き放たれる、樹です。
時間の概念は地球にしかないモノなので、コレは”統合の樹”と読めます。
更に、創世記で神様は、この生命の樹へ至る道を守る為に、
エデンの園の東に、ケルビムと煌く剣の焔を置くのですが。
この”道”は、ヘブライ語で女性の”月のもの”を意味するんですよ。

コレ踏まえると、レイの統合=創世記のやり直し説、違和感でしょ?
むしろ、統合の”鍵”自体、エデンの園に在るやんか(爆)
じゃあ、統合なんて絶望的!って思うかもしれませんが。
その辺り、神秘思想の先人達が、すでに研究して下さっていまして。
セフィロトの樹という、生命の樹の相似形が存在します。
カバラ由来のモノなんですが、コレに占星術の惑星を当て嵌めて行くと、
もう、面白いくらい、ツインレイというシステムが理解出来ます。
何故、の答、私は全部この中で見つけました♡

因みに、私が最初に”セフィロトの樹”を知ったのは、12歳の時。
80年代のおまじないブームの時なんですよ(笑)
今振り返ると、本当に「必要なモノは、全部自分の中に在った」なんです。
今後、セフィロトの樹と惑星意識について、書いて行く予定ですが、
進捗度によって、抵抗感が出たり、サードアイが疼いたりするかもしれません。
いや、本当にそうなるので……だから、今回は画像載せてないの(汗)
もし、そんな症状が出たら、一旦休んでから、後日読み直して下さい。
無理せず、コツコツ読み進めるよう、宜しくお願い致します。

Twitter