3ヵ年計画

Diary

ぼんやりですが、今後の活動の一括りを「3年」でやろうと思っています。
折角、サイトを3つに分けたので、それぞれを充実させて行って、
更に、各々発展させた形での別サイト?応用編?みたいなモノも作りたいです。
前回のBlogで、約半年間、目指す方向性をずっと模索していたと書きましたが、
結論としては、何らかの形で一生モノにしたいと考えています。

ぶっちゃけ、今までは所謂「副業」の形で活動していたので、
確定申告も白色、厳密には「個人事業主」にはしていなかったんですよ(苦笑)
この辺り、税務的に曖昧で微妙なゾーンなんですが、
同人誌や、オークション利用などで、一時的に収入が増えたとしても、
営利の意思を持って反復継続するか否かで、かなり扱いが違って来るんですね。
実際、年間の通信費(サーバ、ドメイン、ISP)だけ見ても、
現時点では、とても「事業」として成立していない状態ですから(汗)
(この辺りのことは、司法書士さんにも確認しています)

ただ、今後も今と同じ「副業」のままで行くのはちょっと……。
多分、お気づきの方もいると思いますが、私がサイトを始めた2年前よりも、
占い・ツイン・スピに関する劣化コピーサイト、増殖してるでしょ?
私が「ツインレイ」という言葉に初めて出会った頃は、個人ブログが主流だった。
でも、今は小綺麗な「企業っぽい」サイトの方が目立つはず。
アレ、バイラルメディアと呼ばれるモノで、Web上の流行りもので成り立ってます。
つまり、ツインレイとか、最近だとグレートコンジャンクションとか。
PV稼ぎの為に、占い・スピ界隈で流行りの「言葉」に便乗する手法のコト。

しかも、書いているのは、1本300円とかの使い捨てライター(笑)
最初に、10本3000円くらいで契約して、数字稼げる人なら単価上げて貰える。
当然、質より量だし、元々占いやスピに詳しい訳でもない。
結句、Web上の個人ブログをツギハギして、それらしい記事書いて終了。
だから、同時多発的に「同じ誤記」を起こすなんて、有り得ない事象が起こる。
某電話占いの付属メディアも、この安もんライター使っていたし、
挙句、所属占い師のブログも似たような有り様(使用占術が占星術なのに・笑)
運営に抗議しても「こちらは専門家じゃないので……」ってww

フツーのコルセンなら、そんな言い訳通らんよ??
てか、電話占いの運営が「占いは専門外」は、NGワードでしょ??
まあ、事務方は詳しくないだろうけど、そういう場合は担当と電話代わるか、
担当に伝えてコールバック対応でしょ??
……という、昨今の占い・スピ業界の腐海っぷりが嫌になりまして。
その上、Covid-19の影響なのか、以前に増して「副業」推しの傾向があるのか、
少し離れてた間に、coconalaは↑みたいなライター募集が増えてて、
noteも胡散臭い副業記事が大量発生、何かもう「副業」ではダメなんだな、と。

早い話が、もう「副業」という言葉自体がネガティヴワード。
だったら、もう「事業」という形態で行くしかない、と思った訳。
個人事業主として、兼業→専業→法人化、と駒を進めて行くことにしました♡
今年度は今まで通り白色申告にしますが、来年度からは青色申告。
小さくても、2年後には黒字にして、法人化するのが今の野望(笑)です。
当然ですが、青色は複式帳簿必須なので、簿記3級を取ることにしました。
今回、初めて簿記に触れたのですが、1つとても大きな気づきが……。
家計簿は複式簿記の仕訳で記入すると、めっちゃ楽しい♪

これ、いつかまた改めて書きたいと思いますが。
家計簿付けるのが苦手な人って、多分、一定数いるはずだと思うし、
その理由として「ただただ、減って行く計算が辛い」の人もいると思うの。
それは所謂"大福帳"と呼ばれる形式だから、だと思うのね。
でも、子供の頃に親から教えられた「お小遣い帳」は、正にその形式。
大人になっても、改めて"家計簿の付け方"とか習わないから、
子供の時の延長線で、同じ付け方を無意識に続けて行く訳だけれども。
気をつけないと、下降ループに陥るんだな、と(汗)

そんなこんなの「気づき」が、最近、断続的に続いています。
内容が内容だけに(ほら、お金のことだし)、書かない方がいいのかもですが、
現在、自分と向き合うプロセスにいる方々は、次は「お金」と向き合うからね。
そういう意味でも、ある程度、素直に書いて行きたいと思ってます。
例えば、実は占い師は自分自身のことは上手く読めない、とか(笑)
これね、凄いジレンマなんだけど、視野とか客観性の問題で難しいんですよ。
言うなれば、どんなエスティシャンも自分の背面エステは出来ないのと一緒。
今後は、こうした話題多めで書いて行きたいと思います☆

Yuko

2000年以降のスピの在り方が、ちょっと苦手なシリウスB気質。             自身では、トゥバン(竜座)やアンドロメダ付近までしか遡れませんが、 ...

プロフィール

関連記事一覧