夢で報される<予定>

Study

レイに限らず、スピリチュアル全般で<夢>は"情報"の宝庫です。
などと書くと、もれなく「私は、全然見ません」と言い切る人が湧くので辟易するのですが。
それ、単に忘れているだけですから(笑)
他に、睡眠のリズムが乱れていたり、導入剤使っていると余計に憶えていないでしょう。
それらの人は、レイなのスピなの言う前に、まずはそこを改善して来て下さい。

ここから先は、毎日と言わないまでも、日常的に夢を見ている人が対象。
まず、一言で<夢>と呼んでも、幾つかの種類が存在します。
一番多いのが、揮発性の記憶(海馬)を不揮発性の記憶(大脳)へ置換する時に見るもの。
学生時代に「ちゃんと眠らないと記憶しないよ」と、注意された人も多いでしょう。
睡眠が記憶と認知能力を高めることは有名で、その"情報処理"の際に見るものが夢です。
寝る直前に観ていた映画やドラマ、読んでいた本の世界を夢で見るのはコレ。
もちろん、必ずしも観たり読んだりした内容が忠実に再現される訳ではなく、
お相手の彼へ置換えたりも茶飯事。霊的な"情報"以前に、夢占いにすら使えない種類の夢です。

他にも、眠っている時の肉体側の状態に反応した夢。
例えば、尿意がある時に、トイレを探す、水に入る、という夢を見たりします。
これと同様に、顕在意識に明らかな不安や心配事がある場合にも、それに関連した夢を見ます。
典型的なのは、遅刻しそうなのに家から出られない、電話したいのに何度も番号を間違えてしまう、など。
この辺りの夢も情報ではなく、夢占いにも使えない夢の仲間になります。
ここで気をつけて欲しいのが、遅刻しそうで焦る夢。
現実生活に"原因"が無い場合、スピ的な"課題"の遅れに対する<警告>と解釈してしまいがちですが。
コレは、顕在意識の「彼と一緒になれないかも……」という不安・怖れが表れただけに過ぎません。

余談ですが、一般的な"金縛り"は心霊現象ではなく、科学で説明可能な現象になります。
当然ながら、説明不可能な現象も存在しますが(笑)、金縛りと恐怖体験が常にセットになるのは、
大脳がまだ眠っている状態で、意識が覚醒してしまうと意志に反して身体が動かせず(大脳寝てるからね)
同時に、原始的な意識野では、恐怖が一番先に現れる感情だからです。
なので、取り敢えず、現時点で解明されている諸々の可能性は、先に全部排除しましょう。
それでもまだ、上手く説明のつかない夢、というのが確かに存在します。
それらこそが、夢占いに使える夢であり、時に、所謂"アストラル体験"だったりするのです。
色々な場面で書いていますが、何でもかんでも鵜呑みにして、自分に都合良く解釈する癖はやめましょう★

まあ、この辺りは、慣れて来ると自分でカテゴリ分けが出来るようになります。
そういう意味でも、起きたらすぐに、昨夜見た夢を思い出す癖をつけると良いかもしれません。
因みに、本当に大切な"情報"としての夢は、努力せずとも自然と憶えているものです。
ただし、魂側と不仲な人は、そもそも向こうも情報伝達手段として夢を使って来ない為、
まず、夢を見るぞ、という強い意図を抱いた上で眠りにつくことをお勧めします。
当然、この場合は、初めは↑に挙げたような夢ばかり見ることになるので、楽しくないですが(汗)
ある意味、魂側へ「夢を伝達手段に使ってね☆」という意思表示になる為、めげずに行きましょう。
とはいえ、情報系の夢は元々頻繁に見るものではないので、過度に期待しないで下さいね?

不思議なことに、この"情報系"の夢は、ある時期に続けて見たと思ったら、ぴたりと止まる。
このパターンが多くて、特に決まった周期など無いようにも見受けられます。
一応、管理人の場合は、二至二分付近に見ることが多いですが、1ヶ月くらい平気でズレる場合もある為、
ソーラーリターン(誕生日)やプログレスなど、人によってかなり違って来ると思います。
アストラル体験については、余り詳細に記述すると自己催眠的に再現される方が出るので避けますが、
起きた瞬間、明らかに"夢"とは違うと認識出来るほど、鮮明で現実的です。
それでいて、精神世界での"現象"を無理矢理、人間世界の"現実"に当てはめて翻訳する為、
見たり聴いたりした言葉が、トンデモ表現(現実世界では変な内容)になっていることが特徴だと思います。

そもそも、夢の世界での出来事は、現実世界では「変な内容」なことが殆どですが、
そのレベルが違いますし、何より、夢占いに当てはめようとしても、当てはめようが無いんですね。
対して、潜在意識側が見せる"夢"は、同じ「変な内容」でも割と辻褄は合っている感じ。
何より、夢占いで解釈可能で、その"答え合わせ"自体も1ヶ月と掛からない。
他方、アストラルレベルでの体験は、答え合わせが来るまでに、3ヶ月〜半年掛かることもある。
結局、これは向こうの時間の感覚と、地球の1次元の時間が違うことが原因なのだけども。
そういう意味でも、レイペアの"旅"は、1、2年でパパッとゴールする、地球の恋愛とは完全に別次元。
しっかり、腰を据えて取り組まなければ、進展が見られないのは当然だと思うのよ。

もちろん、取り組むと言っても、変にストイックになる必要は全くないのだけれど。
巷の人は、レイやスピに対して、綺麗で幸せいっぱいな"魔法"的なイメージを持ってるっぽいけど、
実際は、すごーく地道で泥臭い作業を淡々と進めて行く世界だと思うんだよね(笑)
その超超超地味な作業の結果、キラキラ(?)な日常に辿り着くのだけど、本人にはすでに"普通"でしかなく。
飽くまでも、外野視点で"キラキラ"しているものだから、すぐに「どうしたら、同じになれるの?」ってなる。
その割には、肝心の「超超超地味な作業」はサボりたがるんだよね★
挙句、何処からともなく「そんな作業は要りません!」とか抜かす"教祖様"が湧いて来る仕組み。
コレ、誰でも・カンタン・○○するだけ、が合言葉の通販と何処が違うの??

残念ながら、普段、導入剤利用で夢も見ない、というレベルの人が、一足飛びにアストラル体験は無理です。
同じ理由で、所謂エネルギー交流も無理です。絶対に、絶対にあり得ません。
夢を通しての"情報"を受け取った経験が皆無なのに、エネルギー交流だけあります、は無い。
もし、仮に体験したなら、それは自己催眠か、最悪アースバウンドです。
このサイトに来ている方にはいないと信じたいですが、万一、心当たりのある人がいましたら、
霊障が出る前に(実際、この手の人はエネルギーがおかしい)さっさとエーテルコードを切ってしまいましょう。
例え、コードカットしても、真に縁のある相手とのコードは切れることはありません。
真の繋がりとは、低い性的エネルギーなどではなく、高い愛から成っているからです。

かなり話が脱線しましたが、改めて<夢>は"情報"の宝庫です。
特に旅の中盤では、今後の予定を報されたり、連絡を取っていない彼の近況を報されたりします。
当然、その夢が情報源として使える夢なのか、判別するスキルを身につけなくてはなりませんし、
答え合わせは何ヶ月も先なので、誰かに話しても信じて貰えないことも多いでしょう。
ですが、その"夢"を信じることは、引いては自分自身を信じることに繋がりますし、
実際に、答え合わせの瞬間が訪れた時には「このことを示していたのか」と感じることでしょう。
時には「こんな出方をするなんて!」と驚くこともあるかもしれません。
そうした積み重ねが、結果的に直感を鍛え(=霊性を高め)、ハイアーセルフとの繋がりを強めます。

この期に及んで「彼と付き合うのに、何故そんなことが必要なの?」と言う人は、スピ恋愛の出来ない人です。
どうぞ、魂の伴侶は諦めて、ネイティブ・アーシアンとの地球的恋愛をお楽しみ下さい(苦笑)
何度でも書きますが、男性の自己統合フェーズは、女性の自己統合後に訪れます。
稀に、逆パターンも在りますが、そうしたペアは自分たちで気づけるようになっていますので、除外。
まず、女性が自己統合を果たすのが先で、更に、自己統合には先行して感情の解放が必須になります。
手間を惜しんで、自己統合に関する情報ばかり漁ったり、アファメーションばかりしている人はいませんか?
それで進展しないからといって、他の女性に嫉妬したり、方法論を否定するのはお門違いです。
基本に忠実にすべき部分は、愚直に誠実に"急がば回れ"を実践して下さいね♡

Yuko

2000年以降のスピの在り方が、ちょっと苦手なシリウスB気質。             自身では、トゥバン(竜座)やアンドロメダ付近までしか遡れませんが、 ...

プロフィール

関連記事一覧